Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    megu (06/27)
  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    かおる (06/27)
  • 日本人好きのフランス男にご用心!
    megu (03/21)
  • 日本人好きのフランス男にご用心!
    blumarine (03/21)
  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    yuri (02/21)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    ai (02/08)
フランスでの仕事

フランスの運送会社とイギリスの銀行


再びオスロのフランスの食材をあつかうお店の写真です。
(ブログ内容とは関係ないです。アップしきれなかった写真を載せてきます)



MEGUを設立したとき、とにかく毎回、イライラさせられたのは、

運送会社。(DHL,UPS,TNT..)



ヨーロッパって、ごく1部の会社を除いて、たいてい商品を買った側が運送代を払うんです。


それも、Expressで送ってくれるから、とっても高くて、
私は、ほとんどイギリスやアイルランド、スコットランドから
生地を買っているで、サンプル着3メーター、4素材とかに1万円ぐらい
送料をとられるのです。
おまけに商品代を既に払っているので、ひやひやどきどき

にも、かかわらず、送られた次の日に受け取ったことがない。
送ったことを知らせてくれるので、(さすがイギリス)
待ってても来ない。

たいてい、3日ぐらい経ったときに、運送会社のパリ代理店から連絡がくる。


建物の入り口のコードを教えて、階とか、いろいろ教えて、
次の日、待機。


来ない。。。。。


痺れを切らして、電話すると、
「今朝、10時35分によったけど、留守だった。」


と言われる。


「あのー、ずっといましたけど。。。。。」

この時は、まだ優しい私。


デモね、その次の日も同じこといわれると、


もう、我慢の限界。


「スッごい、高い運送料払ってるのに、なんでイギリスから1週間もかかるのよー。
日本から、郵便でも5日で着くのに、どーなってるわけ!!」

それでも、向うは悪びれず、誤りもしない。


「ちょっと、責任者出してよね!!」


「僕だけど」


「はあっ?責任のかけらもない人が、責任者なのー」


自分が、こんな醜い1面を持っていることを、思い知らせれる。



しかし、毎回、同じことの繰り返し、4日目、優しい。5日目、ぶちきれる。
6日目、やっと届く。


ぶちきれないと届かないのかなあと思い出したころ、


(1年後ぐらい)


運送会社が改善にあたってよくなった。
私も、しっかり言い訳できないように、送り状に電話番号を記載してくれるように、
生地やさん、付属やさんに頼むようになった。


それでも、翌日に受けとらない事の方が、まだ多いけど、
イライラしない癖をつけた。
たった1日の違いなのだ。そんなことにイライラしてるほうが精神的によくない。
と思うようになった。


あと、潜在意識のパワーを使うようになった。(←こんなところまで)
「ぜったい、受け取るから」と思うと、
少し、遅かろうが許せるようになった。



↑生活の知恵?????




しかし、設立したばっかりにすっごい恥ずかしい思いをしたことがあるんです。

イギリスの銀行で、私が2回も依頼した送金がされてなくて、
電話したとき、ちょうどフランスの運送会社に電話した後だったので、
いきおいあまって、同じような態度にでてしまったのです。


なにもかも、どならないと進んでいかないのはフランスであって、
イギリス人は、ちょっとクール。
(私も住んだことがないので詳しくはわからないのですが、私が関わる限り。。。。)


私の怒りは、簡単にかわされ、

「事情を確認させていただきますと、先日、依頼された送金がされてないわけですね。。。。」


と、とっても、礼儀正しく取り乱さず、話をされ、


私は、ほんとうにほんとうに恥ずかしくて、
そして、このイギリス人の女性がとってもかっこよくみえ、
やっぱり、感情的になるのはどこでも、いかなる場合でもとっても、
みっともないことだと思いました。


以後、フランス人相手で、向うが感情的になっても、仕事で関わる限りは、
自分はとりみださないように心がけるようになりました。



不思議なぐらいに、良い調子で順位が好調。嬉しい引き続き、MEGUに応援クリックをしていただけると嬉しいです。





お店にも遊びに来てください。down



megu's portfolio





  • 2007.01.17 Wednesday
  • 00:05

Comment
同じヨーロッパでもほんと、ヨーロッパと一絡げに出来ないくらい国民性や文化は違いますよね〜 私もやはり上記の点ではイギリス派です。フランスにもよいところは沢山ありますが、感情的になったもの勝ちというのはいかがなものかと。。

なかなかストレスフルでもありますが、MEGUさんのこの前のリレーのお話には救われています。そおいうことが普通に行われるのもまたこの国なのですよね。いいところを見て暮らそうっと、と思います。

しか〜し、またSoldeの渦にはまっている間にオークションは終わっていたのでした。そお言えば日本時間で設定されていたのですね。。
またこれも、きっとすごく欲しかった人の手に渡って喜ばれるのだ。と思うことにします;−)私はまだMEGU歴は浅いのですが、遠い日本にはきっと沢山のファンの方たちがいらっしゃるのでしょうね。

では、またです*
  • k*
  • 2007/01/17 4:56 AM
k* さんへ

それぞれの国で、いいところ、悪い所がありますよね!
あわせるところはあわせて、後は、自分の価値観で自分のままでいいと思ってずうずしく生活してます。

solde何か、買われましたぁ?
私は、最近忙しくて行く暇がない。。。。。
オークションは、私も意外な展開でした。記事を本日アップしました。

では、solde楽しんでくださいね。
  • megu
  • 2007/01/18 1:58 AM
Send Comment