Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    megu (06/27)
  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    かおる (06/27)
  • 日本人好きのフランス男にご用心!
    megu (03/21)
  • 日本人好きのフランス男にご用心!
    blumarine (03/21)
  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    yuri (02/21)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    ai (02/08)
ヨーロッパを旅する

人のめぐり合わせ☆



今日のかっこー♪

フランス製コットン裏毛のパピヨン8分袖Tシャツ

フランス製ウールカシミアポケット&ベルトステッチタイトミニスカート(sold out)

出かけようとしたら、晴れたんだけどーーーっ
変わりやすいパリの空だから・・レインブーツで・・
それにしても、ヒールの高さは5cm低いだけで、横太り〜
ヒールの力って、偉大だね!!



ブログランキングへ
↑ ↑
応援クリックお願い&ありがとーっニコニコ



カフェを出る時に、

「彼、まだ、いるかな〜」って、パートナーさんが、ぼやく。

「時間経ってるから、多分、もう、いないんじゃない〜」



でも、わかる!この微妙に避けたい感じ☆



歳をとると、変なしがらみが取れて自由になれるけど



反対に、若い頃なら平気でできたことに躊躇したりする。



それは、世間体を少し気にするようになったのかもしれないし、



反対に、痛みを知った人間ゆえの相手への思いやりかもしれない。




例の彼の姿は、もうテラス席には、なく、
私たちは、市内観光へ〜

夏に来た時は、ル・マンの旧市街を見てなかったんだあー

この通りは、出版社みたいななんか、文和を感じる通りだった。



建物も、すごく凝っていて、



リースだと思うのだけど、
私には、しめ縄に見えてしまう〜

こんなところで、日本を感じれて嬉しい☆



ドミニクのお母さんと、パートナーさんいわく
ル・マンの町は、パリなんかより、ずっと古いらしい。

一番上のピンクの建物が、オフィス・ツーリズムで
この度、プランタジネット朝の展示会をやっていて
WIKIによると、
中世イングランドの王朝(1154−1339年)としてある。

パリなんか、まだ、その中に入ってなかった時代の地図写真も
撮ってきたので、後日、また、改めて・・



そして、彼らいわく、4,50年前は、
この辺りに住む人たちは、とても貧しく、
家賃を滞納したらしいので、大家さんたちが、改装できず、
皮肉にも建物が、古いまま残ったらしい。
そして、今は、それに価値が出て、
今では、ル・マンで最も高い時価になったらしい。


時代って、読めないね・・って話をしながら、

カフェに入る。




カフェのなかも、サンジェルマンとかにある
古いカーブ〈地下室)みたいなつくり、

カフェの人もたいそう親切で、私が、ル・マン人は、優しすぎる〜
って、また、わめく!!


ここでも、まだ、パートナーさんは、
カフェランチ事件を忘れられずにいた。というより
自分の記憶の片隅にもない主を思い出そうとしてるのかもしれない。

私だって、記憶にない人に再会したら、
思い出すまで、気持ちが悪い。



で、ここで、びっくりしたのは、
パートナーさんは、その彼に、現在の連絡先を聞かれたらしいけど
渡さなかったらしいーーーー

「えーーーーどうやってーーーーーー」

私も、深く付き合うつもりのない人に
メールアドレスや、携帯番号を聞かれると、微妙に困る。
相手が異性で、下心ある場合は、断りやすいけど

正直に告白すると、若いときは、嫌なものは、嫌!って
平気で、ごめんって言えたんだ。
今でも、自分が悪く思われたりとか、平気な人だから、
多分、痛みを知った方なのかな・・

で、パートナーさんは、聞こえなかった振りして

「じゃあ、また!」って、中に入ってきたらしい。


うん、それは、いい手だ☆

相手も何気なく、感じて、でも、決定的な言葉を言われるわけでない。

私も、この手でいこう〜



でもね・・私、パートナーさんに言ったんだ。

「多分ね・・彼、2,3回、連絡を取ってきて、
また、疎遠になると思うよ〜
だって、本当に友人でいたい相手とは、連絡を絶やさないものだもん。
私たちのようにね!」

うんうん、うなずく、ドミニクのお母さんとパートナーさん。


そうなの・・人生って不思議なもので

袖振り合うも他生の縁なんだけど、
残る友人と、そうでない友人と・・

それでも、その時、お互いの何かにとって、必要だった関係

また、ひょんなことから再会しても
結局、また、疎遠になっちゃうことのが多い。

何か、気があうものとか、居心地の良さとか
そういう感覚が、どこか、違うのをお互い肌で感じてるのかもしれない。

だから、なすがままに・・
思い悩まず、自然でいいような・・
いろんな人と出会いながら、
いつでも、絶妙なタイミングで必要な人が
傍らに、誰か、いてくれるから・・

共感してくださいましたら、応援クリックしてくださると嬉しいです!



携帯の方は、コチラからお願いいたします。
ブログランキングへ

いつも、ありがとうございます。

  


秋冬物、入荷しております☆お店にも遊びに来てくださいNEW!

<下のバーナーをクリックしていただけると、お店に飛びます。>


megu's portfolio


←ココもお願い


オンラインショップmegu's portfolioの新作情報や、
その他キャンペーン情報などをお知らせするメールマガジンに
登録いたしませんか?

これ、ものすごいセキュリティーシステムで、
私にも誰が登録されているのかわからないのです。
もちろん、メールアドレスも、見ることができません。
わかるのは、登録されている方の人数だけです。

すごいですね。しっかり、セキュリティーです。

ですから、登録お勧め!!

メールマガジン登録したい方は、ここをクリック!

  • 2013.01.31 Thursday
  • 02:22

Comment
Send Comment