Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    megu (06/27)
  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    かおる (06/27)
  • 日本人好きのフランス男にご用心!
    megu (03/21)
  • 日本人好きのフランス男にご用心!
    blumarine (03/21)
  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    yuri (02/21)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    ai (02/08)
フランスの暮らし

異色なカルティエ・サンティエ





私が初めて、フランスの会社で働いた地区、サンティエは、
パリの中でも異色の雰囲気を放ってます。


あまりにも、変わっているので、それを物語ったフランス映画まであるぐらい。
それも、1回で終わらず、シリーズで2、3話あったような気がするんだけど。。



そんな得別な地域で、私はフランスデビューしてしまったのだから。。
今、思えば、我ながらすごいと思う。




もともとは、ユダヤ人経営の服飾系の製造、卸の問屋街だったのだけど、
なぜか、売春婦が路上にいっぱい立っている。
(それも、ものすごいオバサンばっかりなのだけど。。)


学生だった頃は、特別な付属関係を買うのに行かなくてはいけなくて。。
それでも、1人で行きたくなくて、クラスメートと
誘い合わせていったものだった。



そんなところで、自分が働くなんて思ってもいなかった。
でも、ファッション関係の仕事を目指すものは、
1度は通る道(過程)みたいね。



そして、仕事しだした頃のこの異常な界隈を
思い出に変わった頃に、愛嬌もってけなしあうんだよね。



その界隈も変わっているけど、
それぞれの会社の中も変わっている。
私は、最初、フランスの会社はみんなこーなのかと、
途方にくれたけど、
他の仕事をするようになって、動物園が変わってたんだと考えを改めた。



その後、他のサンティエで働いたことのある子と
話をすると、あの界隈が全部その調子で、変わっていることを知った。




どう変わってるって?


そりょああああ。すごいよ。
日本人の皆さんには、想像できない世界です。

なにしろ、私が”動物園”と名づけたぐらいなのだから。。。。。



まず、口約束は信用しない方がいいでしょう。
嘘を、悪気なくつきます。
ものすごく、取るに足らないことで、
叫びあいの口論が始める。
すべて、悪いことやミスはその場にいない人のせいになってます。

なので、月曜は、Aさん。火曜日はBさん。。というぐわいに、
同じ内容のミスの責任が移っていきます。

(弁明の為、サンティエのデザイナーさん、パタンナーさんは、まともです。)


アンソフィが、会社からかけた電話に、旦那様が

「お前、いったいどこにいるの?」


って聞いたぐらい、周りが騒がしい。



深く考えると、ノイローゼになると思うので、さらっと流しましょう〜。




最近、動物園の皆さんと話する機会が多いので、
なんか、働き出した頃のウブな自分を思い出しました。


私は、動物園以来、あの界隈の仕事は、ちょっぴり避けていますけどね。。



ランキングに参加してます。プレゼントMEGUに応援クリックをしていただけると嬉しいです。

←応援クリック おソフトクリーム ね家 がパクッ い植物





春夏の 第3段 新着が入荷しました。ぜひぜひ
お店にも遊びに来てください。down


megu's portfolio





オンラインショップmegu's portfolioの新作情報や、その他キャンペーン情報などを、お知らせするメールマガジンに登録いたしませんか?


これ、ものすごいセキュリティーシステムで、私にも誰が登録されているのかわからないのです。もちろん、メールアドレスも、見ることができません。
わかるのは、登録されている方の人数だけです。

すごいですね。しっかり、セキュリティーです。

ですから、登録お勧め!!


メールマガジン登録したい方は、クリック
  • 2007.06.28 Thursday
  • 15:05

Comment
meguさん、

サンティエ地区、懐かしいわ。

rue Montorgueilとrue St. Denisの中間地点に住んでいたおかげで、まったく違った二面性を見れて良かった。

そうそう、私もいつも気になっていた、現役の売春婦達。オバサンというよりも、オバアサンに近い人もいたりして。

Reaumur-Sebastopol駅から通勤していた私は、いつでもめちゃくちゃ短いスカートをはき(真冬にはヒョウ柄のコートを羽織っている)、化粧の濃い売春婦を毎日見かけてました。いないと逆に心配したりして。ワーホリも終わり、一年半後に再びパリに遊びに行くと、その売春婦のオバサンまだいました。それにrue St-Denisにある怪しい店を見て、なぜかホッとした私です。

サンティエ地区でも私が住んでいた辺りは安全なほう。それよりも北に行くと危ないから気をつけるようにとフランス人のルームメートに言われたのを思い出します。
  • Mika
  • 2007/06/28 7:26 PM
私、一度その辺りで友達を待っていたら若い男の人に(かっこよかったんですが)値段を聞かれてしまいました!その頃はまだその界隈がどんな所かまったく知らず、遅刻した友達を恨んでみたものの、ウブだったので結構ショックでした。普通の格好だったのに。。。でもあの妙に混沌とした雰囲気、嫌いじゃないです。あんまり行かないけど。
  • ジーナ
  • 2007/06/29 6:27 AM
Mika さんへ

rue Montorgueilはいいですよね。
パリに住みだした頃、雰囲気が好きでよく歩いてました。

サンティエでもそっち側は、まだいいですよね。
ReaumurとSt Denisの間は、昼はいつもトラックで渋滞しているし、
夜は、確かに危ないです。
友達とかも銃で脅かされて、お金出せとかいわれたみたいだし。。
私は、夜7時以降は避けてますね。


それにしても、売春婦さんたち、立っているのはみるけど、
お客さんと消えたりする姿を見かけたことがないので。。
もうかってるのかなあー?
  • megu
  • 2007/06/29 2:41 PM
ジーナ さんへ

私も、サンティエ界隈では、ないけど、
2,3回”値段”聞かれたことありますよ!!
初めてのときは、普通のカッコで膝丈ぐらいのスカートをはいていて、
16区でPCのバスを夜9時ぐらいに待っていたときでした。
車が止まるから、道をききたいのかなあって窓口にいったら、
値段聞かれました。。
びっくりー。けっこう、紳士っぽい良い車に乗った人でしたよ〜。

それから、家の近くの道を歩いていたら。。
”あなたこの界隈の人”って聞かれたから、そうといったら、値段聞かれました。
そのときも、普通のカッコウしてました。
私って結構変な経験多いんですよね。(あっまた今度ブログに書こう)
でも、ウブなジーナさん。想像が。。。。。
ごっごめんなさい!!
  • megu
  • 2007/06/29 2:49 PM
Send Comment