Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    megu (06/27)
  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    かおる (06/27)
  • 日本人好きのフランス男にご用心!
    megu (03/21)
  • 日本人好きのフランス男にご用心!
    blumarine (03/21)
  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    yuri (02/21)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    ai (02/08)
Meguのこと

カスタマイズされたリバティ・シャツワンピー&フリルブラウス☆

IMG_0547.jpg

 

 

春用、シャツワンピー☆

めちゃめちゃ、高貴な感じ!

 

軽さがあるラフな感じなのに

品があって、高級感がある感じで

さすがリバティープリント!!

 

すごくセレブっぽい、シャツワンピーになりました。

って、言っても私のでは、ないのだけど・・

 

今日のかっこー♪に行く前に応援クリックお願いお願い

↓      ↓

 

ブログランキングへ

 

today310120.jpg

 

 

今日のかっこー♪

 

フランス製ウールニット起毛のゴールドボタン&トリミングニット

イタリア、カンポーレ社の二重織りPURE WOOLのヨークパネルスカート 

 

MUMUちゃん

例のごとく、去年まで、

着れなかったのだけど

今年になって着れるようになったので

あの創った年13年に着まくったように

今年も着まくってます。

 

本当は、フランス製Pure woolのレイヤード・ヘム・スカート

合わせるのが好きなんだけど 

短いので、断念☆

 

ずっと履いてなかったけど・・

高級素材でデザインも気に入っていたため

パリから、持ってきた

このカンポ―レのパネルスカートとあわしてます。

 

このスカートも、今年は、丈がこの国では、

履きやすいので・・

(こういうの嫌なんだけどな〜

どんな時も、自分は、自分でいたい・・)

ちょっと寒い日に着たり、

コートを着ない日に、

フランス製カシミアウールフランネルパネルジャケット と

あわしたりして、たくさん着てる。

 

 

IMG_0546.jpg

 

 

本当に、綺麗なプリント

私の中では、このプリントで

シャツワンピー、

イメージになかったんだけど〜

 

 

IMG_0548.jpg

お客様のものをお借りして、写真だけ撮らせていただいてます。

(勝手にごめんなさい。)

 

 

リバティのこの春の新作が出ていたので

自分用の洋服を作るのに〜

 

私物を製作する際に声をかけてください

以前から、頼まれていた方と

昨年の臨時販売で予約販売のご注文を

何回かくださった方、

ほんの数名にお声掛けしたところ・・

 

私が提案に入れてなかった

ロマンティックブラウスの生地で

シャツワンピーは、できないか

メールをいただき、

 

今回は、本当に数着しか生産しないのと

リバティ、ベースの色が一緒なので

プリントが違っても、縫い糸が一緒なので

生産が一緒にできる利点がある!で

 

快くご承諾!

 

出来上がってきてみて、

素敵さに悲鳴を上げてしまった。

 

ヨーロッパの方なんですが

これ、欧米では、絶対に素敵!

私も、パリにいたら、絶対、着たい!!

 

今回、カスタマイズされたのは、この方だけでなく

フリルブラウスも、ワンピー用の生地で・・依頼されて

 

これも、かわいい〜

 

 

IMG_0550.jpg

 

 

みなさん、よく小さな生地の写真で見て

イメージを膨らませるなんて!

 

もうデザイナーさんですね!

 

昔、本当に子どものころ、

母がオーダーで洋服を作っていた時に

母について行ったことがあって、

お店には、着分の生地がいっぱいかかっていて

お店の人と相談しながら

母がデザインを決めていたのを

子供心に覚えている。

本当に小学校にも上がってないような子供だったのに・・

 

その頃から、私の中に創作の喜びなんてものが芽生えたのかな?

なんて、思いながら・・

 

今回、お客様たちと一緒に

共同で製作した気がして、

こじんまりしたこういうオーダー会だったので、

できたのもあるけど・・

こういうのもいいなって・・

あの子供の時に感じたときめきを感じながら・・

 

お客様が望む形のお洋服が届けられたのが

嬉しかったのでした。

 

 

共感してくださいましたら、応援クリックしてくださると嬉しいです。
↓     ↓     ↓


ブログランキングへ


いつも、ありがとうございます。


《バーナーをクリックしていただけると、お店サイトに飛びます》

Shop Link_small.jpg

  • 2020.01.31 Friday
  • 15:49