Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    megu (06/27)
  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    かおる (06/27)
  • 日本人好きのフランス男にご用心!
    megu (03/21)
  • 日本人好きのフランス男にご用心!
    blumarine (03/21)
  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    yuri (02/21)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    ai (02/08)
ファッション

パリの生地の展示会 ープルミエール.ヴィジョンー

今日はヴィザの話を休ましてもらいます。
続きを気にしてる人がいるのも、とっても承知なのだけど。

記憶が鮮やかなうちに書いときたい。
パリの生地の展示会に今日行ってきました。
わたしがデザイナーになった頃、先輩たちが毎回、各セクションから順番に行かさせて
もらってるのをみて、
早く私も行けるようになりたいと仕事を頑張ったものでした。

その頃は、デザインが毎回、(本当に毎回)チーフになおされていて
自分はお洒落好きだけど、何もないところから生み出すことには
向いてないのじゃないかと悩んだり、泣いたりしてました。
ましてや、自分がフランスに住むことになって、しかも、パリで仕事をするなんて
これっぽっちも考えてなかった。
もう、仕事を覚えるのと、はやく使える者になりたいと必死でした。
結局、いけそうなときを前にしてヴィヴィアンの仕事が決まってしまい、
このチャンスものがしたくない。とプルミエール.ヴィジョンは夢となってしまいました。

最近、日本からの出展者もすごく増えてますね。
知ってる人にあわないかしら、なんてブース(スタンド)覗いてみたり。
でも、月日が経ちすぎてお互いわからないんだろーなとは思います。

今回は2007年、2008年秋冬の生地の展示会だったのですが。
ノーブルですね。
今までのナチュラルかんとかなくなってしまって、高貴な色、プリント柄、チェックまでシックでした。
いや、シックと言うより高貴。
やはり、世界的に景気が回復してるのが理由でしょうか。
贅沢な雰囲気のものをまといたい?

景気の悪い時って、モードがやさしい系やナチュラル系になりますよね。
疲れてて、ホッとした感じのものを周りに置きたくなるのでしょう。

色的にはブッラクを中心に濃紺とか、クロっぽい種類(でも、グレーではない)のものが
大半をしめていて、それに、ウグイスや風呂敷の紫がかった淡ピンク。
うーん着物に使われる色が多かった。中世の頃のドレスのような生地とかモチーフとか。。。。。
やっぱり、お高い位のものばっかですね。

後、面白かったのは人。
前回はみんなハーフパンツはいてました。
今回は、もう、みんなレギンスはいてました。
年々、ファッション業界の人は個性がなくなり、
流行、一点張りの傾向がつよくなってるような。。。。。


でも、生地を見るより、人を見てるほうが楽しいですね。
お洒落な人は本当にお洒落です。ただ、カメラが会場で使えないので
ざんねん。

アー、今日は楽しい話題だったから簡単にかけちゃいました。
でも、どきどきして待ってるみなさんのためにヴィザ早く取れるところまで
がんばりますね。では、また



  • 2006.09.22 Friday
  • 02:12

Comment
Send Comment