Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    megu (06/27)
  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    かおる (06/27)
  • 日本人好きのフランス男にご用心!
    megu (03/21)
  • 日本人好きのフランス男にご用心!
    blumarine (03/21)
  • フランスファッション業界での仕事のさがし方 -方法編−
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    megu (04/22)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    yuri (02/21)
  • パリの中国人占い師、孫さん。
    ai (02/08)
Meguのこと

雑誌掲載 −後編−

日本で働いていたときは、雑誌に掲載されると、その出版社から、掲載された号の雑誌が届いた。


しかし、ここは異国。

理由は、それだけではなく、MEGUの商品の掲載は、
セレクトショップから、借りられたものなので、
当然、掲載雑誌は、そのセレクトショップのプレスに届くのだと思う。


私は、運良く、プレス関係の強いセレクトショップにオーダーをいただいていて、それプラス、プレス用の先上げサンプルのオーダーも頂いていた。
(20%増しのプライスにもかかわらず、ありがとうございます。)


日本にいたら、歩いていると、書店はいっぱいあるし、出ている雑誌を
すべてチェックするかもしれない。
だから、結局、私が、記念にとってある雑誌の掲載は、たったの3つなのです。


そして、これが、最後のもの。

女の子が着ているケープがそうです。

ここで、前編のお話が気になる方は


ここヨーロッパでは、スウェーデンの"WALL PAPER"から、2回ほど、展示会中に取材を受けたが、
「送るから」と言って、送ってくれた試しがない。

ドイツのジャーナリストからも、電話で、問い合わせがあったけど、行方知れず。

そして、フランスのマダムフィガロのフリージャーナリストは、
毎回、展示会の案内を出しているにもかかわらず、

展示会後、電話一本で、私を呼び出す。(なんか、プラダを着た悪魔?)
私は、10点ほど選んで、持っていくのだけど、その後、毎回、音沙汰なし。


アテネのショップから、ギリシャのヴォーグに載ると聞いて、みつけたら送ってと頼んだけど、男だから、役立たず。(男性の方、すみません)



しかし、一社だけ、送ってきてくれた。
写真が悪いから、送りなおしてほしいとメールを受けたのだが、
すれ違いで、送れなくて、ボツになったと思っていたので、嬉しかった。




嬉しいので、記事を拡大してしまう。(英語だけど)



ヨーロッパかぶれで、申し訳ないけど、やっぱり、
ヨーロッパの雑誌に載ると、インターナショナルな気がして、嬉しい。


ようは、大切なのは洋服であって、こんなことに喜んでるのは
くだらないことなんだけど、

それでも、やっぱり、嬉しい。
そして、デザイナーにとって、はげみになるビタミン剤なのです。




みなさまの1日1回のクリックがランキングに反映されます。はげみになるビタミン剤を!

人気blogランキングへ


お店にも遊びに来てください。down



megu's portfolio



  • 2006.11.08 Wednesday
  • 02:50

Comment
Send Comment